ヨーグルトパックって効果あり?

最近では色々な驚くような美容方法がありますよね。中でも人気なのが「ヨーグルトパック」。

毛穴をきれいにしてお肌が若返ると評判になっている方法です。 小鼻だけでなく、頬の黒ずみが気になる人におすすめ。 ヨーグルトでパックなんてできるの?肌にいいの?と思うかもしれませんが、実はヨーグルトの中には、フルーツ酸や乳清といった肌にもいい成分がたっぷり入っているんです。

特に注目したいのがフルーツ酸。古い角質層を取り除いてくれます。また、乳清には肌に潤いを与えてくれる働きがあると言われています。 ピーリング効果もあるそうなんです!

ただ、ヨーグルトパックを毎日するのは肌への負担が大きいのであまりおすすめしません。 理想としては、3日に1度くらいのペース。 信じられないかもしれませんが、ヨーグルトパックをすることで肌が驚くほど白くきれいになるそう!また、にきびなどもできにくくなって、肌の調子が良くなるという感想がたくさんあります。

乾燥肌にはMICHIURU(ミチウル)を使ってみてもいいでしょう。

<ヨーグルトパックのやり方>

実はヨーグルトパックのやり方は人それぞれ。いろいろな方法があるようです。 一番簡単なのは、市販のヨーグルトパックを使う方法。 もちろん、自分でプレーンヨーグルトを買ってきてパックとして使うこともできます。

このときに、ヨーグルトだけでパックをしてもいいですが、中には緑茶やココアの粉末、オリーブオイルやはちみつなどを混ぜてパックする人もいるようです。それぞれの効果を期待できそうですね!

ヨーグルト大さじ1に対して、緑茶やココア、オリーブオイルなど混ぜ合わせを小さじ1程度入れてよく混ぜます。

それを、頬や鼻や額に塗って5分ほど放置して洗い流します。 ただ注意してほしいのは、ヨーグルトパックが合わずに赤くなったり湿疹ができてしまう人もいるということ。

もしヨーグルトパックをしたいなら、最初は顔以外の部分でパッチテストをしてみて肌に異常が出ないようであれば顔にも使うようにするのがいいでしょう。