アラフォーでも諦めない、バスト復活法

二人の子どもに授乳してから貧相になってしまった胸を、子育てで精一杯で気にする余裕もありませんでした。

さらに楽であることを求め、ブラトップで過ごすこと数年が経ち、どんどん胸の存在が薄くなり、とうとう高校生の娘に「ブラジャー、きっちりしないと、どんなにオシャレしても見栄えしないよ」と言われてしまいました。

娘にそう言われたのがショックで、体型がオシャレを邪魔するなんて考えてもなかったので、早速どんな方法でできるかネットで調べてみました。

とりあえず気軽にできそうだと思ったケアは、ナイトブラを付けることでした。年中ブラトップ生活だったもので、ナイトブラすら付けることに抵抗があったのですが、自分のサイズに合ったナイトブラを付けると、ブラトップより楽で驚きました。

ギュギュブラ 口コミ

さらに、数ヶ月経った時には、ブラジャーのカップが3カップも上がって、ナイトブラも二度、サイズが合わなくなり買い換えたほどです。

あの娘の一言がなかったら、そのまま老ける一方だったかと思うと、取り戻せた胸を見て、誇らしくなると同時に、娘に感謝しかありません。娘のためにも、きれいに年齢を重ねていきたいです。

また、ちゃんと食べることでカラダは保たれています。

ちゃんと食べて水分補給もして栄養状態が悪くならないように努めてはじめてバストが女性らしくなります。

ダイエット三昧でカラダから栄養を抜くことが生きがいになってしまうと、たしかに体重は落ちるけれど女性らしいカラダの丸みは失われ、当然ですがバストの丸みも失われてしまうのです。

日本人の女性はバストが小さめの傾向があります。

大きなバストの人より小さいバストの人のほうが多いです。お国柄なのか食生活の影響なのかダイエットのやりすぎなのかわからないけど、栄養状態が悪くなればバストは正直に今のカラダの状態を表します。

自分のバストの様子を観察してそれが分かりました。3食食べなさいとは言いません。たくさん食べなさいとも言いませんが、栄養不足にならない食生活を続けることです。